1. ホーム
  2. 先輩職員の声
  3. 営業部 窓口担当 菅井 美希

先輩職員の声

営業部 窓口担当 菅井 美希 新潟大学 経済学部卒業、2017年入会。 入会後、現業務を担当。

人の役に立つことの意味

 金融機関の窓口担当として、ご来店されるお客様(個人、企業・法人、県内各JA等)の対応を行っています。現金の入出金やお振込み、税金や公共料金の収納といったお取引から、定期性貯金などの金融商品のご案内・販売といった踏み込んだお取引まで、お客様のニーズに沿った様々なサービスの提供を行なっています。
 業務を行なううえで、人の役に立つことが一番のやりがいです。入会して1年足らず、商品知識や各種お取引のご案内の細部まで、未熟で至らない点も多いです。失敗する度に先輩職員に助けられ、時にはお客様から励ましの声をいただき、自分に足りないものの多さを実感します。そして、次こそは迅速にご案内できるようにと勉強を重ね、以前つまずいた点で何事もなく対応できたときは嬉しく思います。

インタビュー写真

 また、新たに得た知識やこれまでよりも正確な業務スピードでお客様にスムーズなご案内ができたり、先輩職員のお手伝いができたりした時に更に嬉しく思います。
 失敗があったからこそ成長して誰かの役に立てるのは嬉しいですし、助けてもらったり励ましていただいたりした分、人の役に立てた嬉しさがやりがいに繋がっていると思います。

身近に感じていた農業

 大学では経済について学んでいたこともあり、就職活動は金融業界に絞って行なっていました。職員の人柄の良さ、本店一店舗のみで新潟で働き続けることができる等、魅力的な点は数多くありましたが、農業分野に精通した金融機関であることが最大のポイントでした。実家で両親が農業を営んでいることもあり、農業は身近なものでしたので、当会で働く自分の姿が想像しやすかったのです。
 入会してからは、特にギャップを感じることは無く、就職活動の際に感じていたことは正しかったと思います。

 今後は、金融機関職員として知識の量をさらに増やしていきたいと思います。「金融」と「農業」、二つの大きな要素を持つ当会ですから、必要とされる知識も自ずと多くなります。お互いをフォローし、助け合いながら業務を行なえる職場環境と尊敬できる上司や先輩職員の下、5年、10年、それ以上の時間がかかるかもしれませんが、確かな知識と経験をもつ職員を目指していきます。

【ある一日のスケジュール】
8:00
出勤
8:30~9:00
開店準備
9:00~12:30
お客様の応対
(現金の入出金、振込、定期貯金・定期積金の預け入れ、公共料金・税金納付等の受付)
業務中の様子
12:30~13:30
昼食・休憩
13:30~15:00
お客様の応対
15:00~17:00
閉店後処理
(伝票チェック、取引履歴照会、
当日残務処理)
学生のみなさんへアドバイス

 説明会に参加していると、様々な企業の方とお話しする機会があります。その時点では、企業の担当者は憧れであり、遠い存在だったりするかもしれません。
 しかし、将来あなたがその企業に就職するのであれば、その企業の担当者はあなたの先輩になります。もしかしたら毎日顔を合わせるようになるかもしれません。「企業の人」ではなく、「先輩になるかもしれない人」として接すると新しい企業の一面も見えてくるでしょう。
 たくさんの企業を見ていると、何が自分にとって大切なのか分からなくなる時があるかもしれませんが、こうした見方をしてみると働きたい企業を探す手がかりになるかもしれません。