1. ホーム
  2. 先輩職員の声
  3. 経営企画部 財務・経理担当 石井 靖之

先輩職員の声

経営企画部 財務・経理担当 石井 靖之 新潟大学大学院 自然科学研究科修了、2011年入会。 2017年4月から現業務を担当。

チームワークで乗り切る

 当会の財務や経理を担当しています。主に当会の諸規程の整理や日々の経費チェック、決算や事業計画の作成等を行なっています。業務では細かい確認作業のほか、規程に沿ったうえでの経理事務や決算事務が求められるため、上司や先輩職員と共に取り組んでいます。
 特に決算や事業計画作成の時期(4月~5月、10月~11月、1月)は、期限が決められたなかで資料の作成やチェック、データの作成を行なわなければなりません。スケジュールがタイトなこともあり体力的に厳しいこともありますが、全員が一丸となり取り組むことで乗り越えることが出来るのだと思います。改めてチームワークの良さや大切さを感じる良い機会でもあります。また、完成した時の達成感と安堵感は格別です。

インタビュー写真

 現在の業務では、当会の収支状況について学ぶ機会が多いです。具体的には、当会の毎月の月次損益を作成しているため、融資や有価証券の運用によってどの程度収益に貢献しているのか、貯金の調達や経費の発生によってどの程度費用がかかっているのか、最終的な利益はいくらになるのかを時系列で把握することができます。
 経理や財務に関する専門的な知識を習得するために、先輩職員から教えていただくだけではなく、積極的に通信教育や内部研修・外部研修に参加し、スキルアップを図っていきたいです。また、受動的に業務を行なうのではなく、能動的に業務を進めていくことが目標です。

成長できる環境に身を置く

 私は大学で農業経済について学び、ゼミでは中越地方の農家の方と直接関わったことで、新潟県の農業の発展が地域貢献にも繋がることを知りました。就職先は自ずと「農業」や「食」に関する職に就きたいと考えるようになりました。就職活動を通して当会の存在を知り、また、OBと話をする機会があった際にも「新潟県の農業の発展と寄与に関わり、農家を支える金融機関」と伺い、非常に魅力のある組織だと感じました。
 実際に入会して、農業部に配属になったことで入会前に抱いていたイメージ通りの金融機関であると感じています。さらには、上司や先輩方も分からないことがあると親身に教えて下さいますし、時には指導もして下さいます。自分自身が成長できる環境で仕事ができているのは非常にありがたいことだと思います。

【ある一日のスケジュール】
8:00
出勤
8:30~9:30
会内文書の確認等、庶務
業務中の様子
9:30~11:30
各部署の経費の検証作業
11:30~12:30
昼食
12:30~15:30
会議資料の作成
15:30~17:00
諸規程の整理、部内打合せ
これまでのキャリア
  • 農業部(農業融資)(2年)
  • 農業部(JA指導)(2年)
  • 融資部(法人融資)(2年)
  • 経営企画部(財務・経理)(1年)
学生のみなさんへアドバイス

 今は、インターネットやSNS等によって様々な企業情報が得られます。企業の説明を聞いた際に疑問に思うことや気になることがあれば、人事担当者やOB・OGから直接話を聴いてください。より具体的で生きた話を聴くことが出来ることでしょう。また、部活動・サークル等の先輩から就職活動に関する話を聴いたり、自分で詳しく調べたりする努力を惜しまないでください。何が自分のヒントや答えになるかは分かりません。妥協せずに自分の納得いくまでとことん就職活動を頑張ってください。